【健康】清涼飲料に含まれるお砂糖

2022年1月22日

夏とか、冷たい飲み物を飲みたくなります。また、秋や冬も温かい飲み物を飲みたくなります。

そこで、市販の清涼飲料水に含まれるお砂糖の量について気にしたことはありますか?
500mlのペットボトル飲料に含まれるお砂糖の量は角砂糖8個から15個分です。
2、3本。清涼飲料を飲んでしまうと、角砂糖を30個食べていることと同じです。
これでは体がお砂糖漬けになってしまいます。
メーカーのほうはなんでこんなに砂糖を入れるんでしょう。
柑橘系の酸っぱい飲み物だと甘さをあまり感じないので甘くします。また、甘くすると飲み物をもっと飲みたくなるので、甘くしているのだと思います。で、甘すぎると飲まないので酸っぱい味で調整しているのかと思います。

緑茶などのお茶系の飲みものはお砂糖は入ってません。紅茶のストレート飲料は角砂糖4個分なので、他のものより少な目です。

また、お砂糖抜きの炭酸飲料ならお砂糖は入ってません。
500mlのペットボトルが入った箱を運ぶのが重たいので、通販だと便利です。


参考にしたリンクはこちら。
http://haisha.kodomo.naoto-dental.com/14731446906660